ここから本文

ふるさと納税ワンストップ特例制度のご案内

ワンストップ特例制度による控除について

ふるさと納税をされた場合、一定の条件を満たしていれば、簡素な手続きで税額控除手続きができる「ワンストップ特例制度」が利用できます。

ワンストップ特例の場合は所得税からの控除(還付)は無く、翌年度分の個人住民税の減税により控除され、確定申告を行った場合と同等の控除を受けることができます。

※多くの場合は確定申告と同等の控除を受けられますが、正確にご自身の控除額を確認したい場合は、最寄りの税務署等へお問い合わせください。

ワンストップ特例制度の対象者について

次の1及び2に該当する方は、本制度の対象者となります。
  1. 確定申告をする必要の無い方(所得税が源泉徴収されている給与所得者や退職所得者、年金所得者など)
  2. 1月1日から12月31日までの間に寄付を行った自治体が5団体以内の方

申請の手続き

ワンストップ特例による申請を行いたい場合は、「寄付金税額控除に係る申告特例申請書」に記入・押印の上、下記1~3のいずれかの書類を添付して、滝上町役場まで提出してください。

添付書類

  1. マイナンバーカードの写し 計1通
  2. マイナンバー通知カードまたはマイナンバー記載の住民票の写しと、写真付き本人確認資料(運転免許証やパスポートなど)の写し 計2通
  3. マイナンバー通知カードまたはマイナンバー記載の住民票の写しと、写真無しの公的機関発行の書類(健康保険証や年金手帳など、氏名・住所・生年月日記載のもの)

年末におけるワンストップ特例申請の注意点

ワンストップ特例申請書の到着期限は寄付をした翌年の1月10日です。年末にかけて寄付申込、かつワンストップ特例申請を希望される場合、本町から申請書を郵送しても1月10日の到着期限に間に合わない可能性がございます。10日までに届かない場合、受理できませんので、ご了承ください。

到着期限に間に合うよう、寄付申込後に下記の申請書を印刷・ご記入後、事前に滝上町役場まで送付していただきますよう、よろしくお願いいたします。 

申請書(750.95 KB)
記入例(425.52 KB)

その他

ワンストップ特例による申請後に申請内容(氏名や住所など)に変更・訂正が生じた場合は、寄付を行った翌年の1月10日までに「寄付金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書」を提出する必要がありますので、ご連絡ください。

書類の送付先

〒099-5692 北海道紋別郡滝上町旭町
滝上町役場 まちづくり推進課 まちづくり推進係 宛

Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader" アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ

まちづくり推進課 まちづくり推進係

0158-29-2111

本文ここまで

ページの先頭へ