ここから本文

電源立地地域対策交付金を活用した事業について

電源立地地域対策交付金とは

発電用施設の円滑な立地及び運転を確保するため、発電用施設が立地する自治体等に対して、電源立地地域対策交付金の交付を行うことにより、電源立地地域との共生を図ることを目的としています。滝上町は水力発電施設周辺地域交付金の対象となっています。

交付金の用途

発電用施設が立地する自治体の地域振興にとって必要不可欠な公共用施設の整備及び地域活性化事業を行うことで、電源地域の振興や住民生活の利便性向上等を図っています。滝上町では、移住交流推進事業に活用しています。

滝上町の発電用施設

  • 発電用施設の種類 水力発電所
  • 発電用施設の名称及び出力
    • 滝上芝ざくら発電所:260kW
    • 濁川発電所:292kW
    • 合計:552kW

Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader" アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ

まちづくり推進課 まちづくり推進係

0158-29-2111

本文ここまで

ページの先頭へ