ここから本文

濁川小学校

濁川小学校の概要

   濁川小学校は昭和18年12月,戦時体制下の中,子どもたちの将来を思い,教育の重要性を鑑み「紋別郡滝美国民学校濁川分教場」として開校した。戦後,林業活動が活発な時代の隆盛を迎え,地域住民も増加の一途を辿ったが,昭和34年,12学級・児童数499名をピークに,その後は急速な時代の変化と共に,児童数の減少・地域学校の統廃合が進んできた。現在,濁川小学校の通学区域は,濁川みどり町,濁川中央,新町,雄柏,雄鎮内及び滝下までの6地区となっている。校区は,滝上町市街地東部に位置し,渚滑川,オシラネップ川流域に挟まれた肥沃な農耕地と市街地とで形成されている。製材・木工加工や商店,少数の酪農家,畑作農家,身体障害者施設,特別養護老人ホームなどが点在する地域である。

教育目標

<スクールモットー>

  ♦子どもにとって学ぶ楽しさを実感できる学校
  ♦保護者にとって安心して子どもを任せられる学校
  ♦地域の方にとって「学校のために」と思ってもらえる学校
  ♦教職員にとってやりがいのある学校

<学校教育目標>

『 心豊かで たくましく 進んで行動する子 』

○ 「夢いっぱい」・・進んで学ぶ子 ・・・・ 学ぶ力(確かな学力)

○ 「愛いっぱい」・・思いやりのある子 ・・ 思いやる心(豊かな心)

○ 「力いっぱい」・・最後まで頑張る子 ・・ たくましい体(健やかな体)

学校経営方針

『心豊かで たくましく 自ら進んで学ぶ児童の育成』 
                      ~主体的に達成感を味わわせる~ 
 重点教育目標達成に向け「主体的に達成感を味わわせる」ことを授業改善の手立てとする。次のおさえに沿って、教育活動の中で、それぞれの力を身に付ける場面を設定し、教育目標の達成に迫る。
① 心豊かで    
  「愛いっぱい」の達成に向け、「心豊か」な児童の育成を目指す。子どもは、同学年、異学年、教師や地域、保護者など多くの人との関わりや、様々な体験を通して成長する。その中で、社会性等を高めながら仲間・相手意識を伸長させるとともに、思いやりのある態度を醸成することができる。自分だけでなく、相手の個性や立場を認め合い、相手や場を想像的に考えて行動したりコミュニケーションを図ったりする姿を「心豊か」な状態と押さえる。
② たくましく   
  「力いっぱい」の達成に向け、「たくましい」児童の育成を目指す。自らの健康と安全を考え、自分なりの目標を設定し、その達成に向け粘り強く取り組む姿、その思いや願いを支える健康的な体つくりに励む姿勢を「たくましい」児童の姿と押さえる。
③ 自ら進んで学ぶ 
  「夢いっぱい」の達成に向け、「自ら進んで学ぶ」児童の育成を目指す。学習を中心に、課題の解決に向け、既習の知識や技能を生かし、ICTや図書資料などを積極的に活用しようとする姿勢を「進んで学ぶ」姿と押さえる。
④ 主体的     
   知識・技能を生かしながら、自ら考え、能動的・積極的に決定・判断して行動する姿と押さえる。
⑤ 達成感     
   課題を解決している過程と結果において、一人一人が味わうことのできる喜びや感動、満足した気持ちであると押さえる。
 

☆R3濁川小学校グランドデザイン

学校生活

 ☆令和3年度運動会
 ☆令和3年度フムフム交流会(前期)
 ☆一日防災学校

通信(学校だより)

☆学校だより445(7月)

☆学校だより446(8月)


☆年間行事予定表

 

☆いじめ防止基本方針

Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader" アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ

濁川小学校

〒099-5543

紋別郡滝上町新町

電話:0158-29-2319

FAX:0158-29-4635

本文ここまで

PageTop