ここから本文

令和3年度北海道風しん抗体検査事業の実施について

風しんの免疫を保有していない女性が妊娠中に風しんに感染すると、胎児が白内障、先天性心疾患、難聴を主な症状とする「先天性風しん症候群」になる可能性があります。北海道より、「先天性風しん症候群」の発生を防止するための対策として、風しん抗体検査に対して費用の補助の案内がありましたので、お知らせいたします。

(137.93 KB)

Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader" アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ

保健福祉課 健康推進係

0158-29-2111

本文ここまで

ページの先頭へ