ここから本文

令和3年度分娩前ウイルス検査助成事業について

北海道より令和3年度北海道不安を抱える妊婦への分娩前ウイルス検査助成事業の案内がありましたので、お知らせいたします。

対象者

・うつ状態にあるなど不安を抱える妊婦もしくは基礎疾患を有する妊婦(慢性閉塞性肺疾患・慢性腎臓病・糖尿病・高血圧・心血管疾患等を有する妊婦)で、新型コロナウイルス感染症の感染症を疑う症状がなく、かかりつけ医と相談し、検査説明書に記載されている内容について説明を受けた後に検査を行う妊婦。ただし、かかりつけ産婦人科医療機関で検査を実施していない場合であっても、かかりつけ医または北海道子ども未来推進局子ども子育て支援医療参事(医師)から説明を受けた後に、かかりつけ産婦人科医療機関以外で検査を受けた場合も助成の対象となります。
・検査時に北海道内に住民票のある妊婦(札幌市、旭川市、函館市、小樽市を除く)
・他の都府県、指定都市、中核市、特別区、保健所設置市において、同様の事業による補助を受けていない妊婦

対象検査

・鼻咽頭スワプ検体または唾液を用いたPCR検査(LAMP検査を含む)
・鼻咽頭スワプ検体または唾液を用いた抗原定量検査
※簡易キットによる抗原検査は本事業の対象外となります。
※院内感染防止を目的として医療機関が行う検査は本事業の対象外となります。

助成金額

1人につき1回を限度に2万円を上限に助成します。

対象期間

令和3年4月1日から令和4年3月31日までの間に実施した検査

詳細につきましては、下記までお問合せください。
北海道子ども未来推進局子ども子育て支援課
電話 011-206-6343
FAX 011-232-4240

お問い合わせ

保健福祉課 健康推進係

0158-29-2111

本文ここまで

ページの先頭へ