ここから本文

【第2回】道産牛肉学校給食提供事業

道産肉用牛の消費を拡大する取組みとして滝上町では11月12日(木)、町内各小中学校の学校給食で、道産和牛(黒毛和種)を使用した「すき焼き煮」を提供しました。これは、新型コロナウイルス感染症の影響により枝肉取引価格の下落や在庫増加が懸念される道産肉用牛の消費拡大を目的として北海道が国の補助金を受けて行う「道産牛肉学校給食提供推進事業」を活用し実施したもので、9月に学校給食で提供した「牛丼」に続き、2品目となるメニューです。
道産牛肉を学校給食で提供する本事業は、全3回を予定しており、最後にあたる第3回目は来年2月、メニューは「ビーフカレー」を予定しています。
 
道産和牛を使用した学校給食の画像
道産和牛を使用した学校給食(すき焼き煮を中心としたメニュー)

本文ここまで

お問い合わせ

農政課 振興担い手係

0158-29-2111

本文ここまで

ページの先頭へ