ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

2020年本日の渚滑川情報は今日で終了です。ありがとうございました

本日で2020年渚滑川情報は最終となります。
情報は5月11日から発信しましたが、まだ水量も多く合わせて濁りもあって、すぐに釣りができる状態ではありませんでした。でも気温は高めとなっていたのかシバザクラは所々咲き始めていたようです。このような年は意外と雨が少なく暑くなる傾向にあるようでので、今年はやるぞといった感じになっていました。
しかし日本中いや世界中がいつもの状態ではありませんでした。新型コロナウイルスが広まり世界中震撼させました。それが未だに続いています。渚滑川の釣り情報を出す時期にも重なり、釣り人にはいつもより自重し、さらには密にならないようお願いをしてきました。でも6月に入ってからは少しずつ釣り人が多くなってきましたが、釣り人の皆さんはかなり慎重に密を避け、楽しんでいたようです。その甲斐あって特に問題はなく今年の渚滑川での釣りは終了を迎えつつあります。渚滑川での釣りは条例上11月いっぱいとなっています。
今年は放流もし、7月に入ってからは平日でもかなりの釣り人が来ておりました。今年始めてきた道内の方で、今まで釣れたことのないような魚を釣ったようで、その後も2回ほど訪れ渚滑川での釣りを楽しんでいました。よく釣れて渚滑川での釣りを楽しんだ皆さんにとっては、とても良かったのではないかと思います。
今年の情報はおかげさまを持ちまして、例年通り出させていただきました。いつも渚滑川で会う釣り人からは情報をよく利用していると感謝の言葉をいただいております。ありがとうございます。
さて、今年の渚滑川の状況について振り返ってみますと、いつもより雪が少ない時期であってもやはり本格的に始まる釣り時期は6月の中旬当たりからで、今年も大体その時期でした。水も綺麗で、少なめになっていたこともあり釣り人の皆さんは楽しかったことと思います。しかし、キャッチアンドリリースをされ続ける魚たちは当然少しずつスレてきます。7月の後半から8月初旬にかけては、かなり厳しくなっていたかと思います。
おかげさまで今年はゲリラ豪雨的な雨もなく水位が下がれば少し雨が降ってちょうど良くなるなど釣りには最高の天候だったと思います。地方から来られて濁りや増水で釣りができなかった方はほとんどいなかったことで、釣り人も当然ですが、おかげさまで町においてもそれなりの効果はあったことと思います。
来年も今年同様釣り人が楽しむことのできる川づくりを進めていきたいと考えていますし、併せてこれからも渚滑川の情報は重要ですので発信していきたいと思っています。
渚滑川を愛していただいている釣り人の皆さんに感謝いたします。ありがとうございます。

10月31日本日の渚滑川情報
 

天気

昨日は午後から大雨となってしまいました。そんなに降らないと思っていたのですが、かなり降ったようです。今朝は霧がかかって周辺は全く見えない状態ですが、おそらく晴れてくると思います。今日の予報は曇り時々晴れとなっています。


 

気温

6時30分現在で3度となっています。これだけ霧が発生するということは地上と上空の温度差があるようです。今日の最高は10度となっています。あまり暖かくはなりそうもありません。
 

水温

昨日の雨で両河川とも増水し濁りましたので計測していません。
 

水量

昨日の雨でかなり増えています。特にサクルー川の方が大分増えました。この水量はこれから雨が無ければまだすぐに減ってくると思いますが、山に雪がかなり降っていればすぐに減ってこない可能性もあります。様子見ですね。


 

水況

両河川ともかなりの濁りとなっています。色は真っ茶色でドロドロのようです。すぐに水量が減ってくれれば良いのですが、あまり減らないと濁りも一気に取れないと思います。後はこれからも雨か雪の状況でどう変わるかですが、今日は釣りできません。



渚滑川



渚滑川の水の色



サクルー川



サクルー川の水の色

 

本文ここまで

ここからサブメニュー

令和2年度 渚滑川フィッシング情報一覧

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー