ここから本文

芝ざくら開花情報 観光×環境×共生をテーマに優しい公園づくりを

5月12日 曇り空が続いています。今日は雨などの予報はありません。が、園内の散策に雨具、上着は必要ですね。
両側に芝ざくらとエゾヤマザクラが広がる園路の写真
今年度から芝ざくら滝上公園のテーマとして掲げた「観光×環境×共生」の取り組みを始める事業の一つ遊覧車導入検証事業として電気自動車「ネイクル」が公園にお目見えしました。
公園前に止まる2台の電気自動車「ネイクル」の写真
2か年で整備したバリアフリー園路の活用を具体的に進めていきます。
本格運用については公園内案内所でお知らせします。
園路を走行する電気自動車の写真
芝ざくらの開花状況は本日全体で6分咲きのご案内となります。
貸出用車いすの案内ポスターと芝ざくらの妖精ピコロの写真
公園内の観光案内所では、車いすの貸し出しを行っております。お気軽に立ち寄りください。
丘を埋め尽くすほどの芝ざくらの写真

芝ざくら物語

昭和29年(1954年)洞爺丸台風(15号台風)の被害により芝ざくら滝上公園の桜の木が壊滅状態になりました。当時、この公園を管理していました片岡兵治さんが昭和32年(1957年)、お寺の境内に咲いていました可憐な芝ざくらに心をひかれミカン箱一つを譲り受け公園の片隅に植えたのが、芝ざくら公園の誕生となります。
昭和34年(1959年)、片岡さんの友人でありました、朝倉義衛さんが町長になられたのを契機に、芝ざくら公園としての本格的な造成が開始され、行政ならびに住民のボランティアにより、根分け増殖され、現在では10万平方メートルの日本国内最大級の面積を誇る芝ざくら公園となっております。

誰にでも優しい公園づくりを目指して…

令和元年、芝ざくら滝上公園は、遊覧車園路やバリアフリー園路などの施設が充実しました。
小さなお子さんやご高齢の皆さん、障がいをお持ちの皆さん、外国人観光客の皆さんが訪れ、楽しめるユニバーサルデザインの環境が整いつつあります。
芝ざくらを楽しむすべての皆さんに「観光×環境×共生」をテーマに、地球温暖化や自然環境に配慮した安心で安全な優しい公園づくりを進めていきます。

Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader" アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ

商工観光課 商工観光係

〒099-5692

北海道紋別郡滝上町字滝ノ上市街地4条通2丁目1番地

電話:0158-29-2111

FAX:0158-29-3588

本文ここまで

ページの先頭へ