ここから本文

芝ざくら開花情報 気温が低いですが、絶景が広がっています

5月8日 昨日の雨もやみ、時折青空が見えるいい天気になりました。ただ、気温が低く風が強いので上着は羽織ってくださいね。
丘の上の幸せの鐘と芝ざくらの妖精ピコロの写真
園内の頂上にある幸せの鐘です。思いを込めて鐘を鳴らすと願いが叶うとか…。
やさしく鳴らしてください。
丘から望む一面に広がる芝ざくらと満開のエゾヤマザクラの写真
気温が低いので園内のエゾヤマザクラもまだまだ満開が続いています。
画像で伝わるでしょうか?いい景色なんです!
青空を背景に丘に広がる芝ざくらとエゾヤマザクラの写真
今週末から本格的な芝ざくらシーズン!皆様のお越しをお待ちしております。
青空の下で見頃を迎える芝ざくらと満開のエゾヤマザクラの写真

芝ざくら物語

昭和29年(1954年)洞爺丸台風(15号台風)の被害により芝ざくら滝上公園の桜の木が壊滅状態になりました。当時、この公園を管理していました片岡兵治さんが昭和32年(1957年)、お寺の境内に咲いていました可憐な芝ざくらに心をひかれミカン箱一つを譲り受け公園の片隅に植えたのが、芝ざくら公園の誕生となります。
昭和34年(1959年)、片岡さんの友人でありました、朝倉義衛さんが町長になられたのを契機に、芝ざくら公園としての本格的な造成が開始され、行政ならびに住民のボランティアにより、根分け増殖され、現在では10万平方メートルの日本国内最大級の面積を誇る芝ざくら公園となっております。

誰にでも優しい公園づくりを目指して…

令和元年、芝ざくら滝上公園は、遊覧車園路やバリアフリー園路などの施設が充実しました。
小さなお子さんやご高齢の皆さん、障がいをお持ちの皆さん、外国人観光客の皆さんが訪れ、楽しめるユニバーサルデザインの環境が整いつつあります。
芝ざくらを楽しむすべての皆さんに「観光×環境×共生」をテーマに、地球温暖化や自然環境に配慮した安心で安全な優しい公園づくりを進めていきます。

Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader" アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ

商工観光課 商工観光係

0158-29-2111

本文ここまで

ページの先頭へ