ここから本文

ヒグマ出没情報について

ヒグマ出没情報共有システム「ひぐまっぷ」

 近年、ヒグマの個体数は増加傾向であり、さらに人への警戒心が薄いヒグマが頻繁に市街地に出没するようになるなど、全道各地でヒグマを取り巻く新たな問題が目立つようになってきている現状であり、滝上町においても農村地区のみならず市街地周辺でのヒグマの目撃情報が相次いでいます。
 そのため、滝上町の対策の一つとして、ヒグマ出没情報共有システム通称「ひぐまっぷ」を導入し、既存の安心安全メールでのヒグマ出没情報に加え、本システムでの出没情報の蓄積及び保管により対策の充実を図ります。
 また、令和6年度の滝上町におけるヒグマ目撃・出没情報は下記の「ヒグマ出没情報共有システム「ひぐまっぷ」」を参考にして下さい。ヒグマの出没箇所に近づく際は十分ご注意ください。
 なお、出没情報は随時更新いたします。

 ヒグマ出没情報共有システム「ひぐまっぷ」

令和6年度春のヒグマ注意特別期間

 北海道では、ヒグマによる人身被害を防止するため、道民等が山菜採りのためにヒグマの生息する野山に入る機会が多くなる春にヒグマに対する注意を喚起するため、令和6年4月1日(月)から令和6年5月31日(金)までの61日間を「令和6年度春の注意特別期間」として設定しています。
 つきましては、下記の資料をご覧いただき、ヒグマによる人身事故に遭わないよう、適切な対応・注意をお願いいたします。

【令和6年度春のヒグマ注意特別期間】
 ・令和6年4月1日(月)から令和6年5月31日(金)の61日間

【資料】
 ・春はヒグマに注意(日本語版)(909.51 KB)

 ・春はヒグマに注意(英語版)(1.32 MB)

 ・参考資料「令和6年春のヒグマ注意特別期間」について等(230.22 KB)
  

Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader" アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

本文ここまで

ページの先頭へ