ここから本文

食育・地産地消推進セミナー

食育・地産地消推進セミナーが開催されました。

3月21日、ホテル渓谷で滝上産小麦「きたほなみ」の魅力を知ってもらおうと、食育・地産地消推進セミナー「小麦を学ぼう!!」が開催され、24人が参加しました。

セミナーの前半は、オホーツク総合振興局網走農業改良普及センター紋別支所の阿部主査を講師に、「きたほなみ」の特性を学びました。「きたほなみ」から作られる小麦粉は中力粉で「麵適性が高い」とのこと。また、「パン適性」も高く、ふっくらと大きくできあがる、との説明がありました。
講演の後は、「きたほなみ」を使った食パンと、うどんが提供され、参加者全員で試食しました。
食パンは焼きたてでふっくらと、うどんはモチモチとした歯ごたえのある食感に仕上がりました。
参加者からは「滝上産小麦の事を初めて知った。地域にこんなおいしい食材があってうれしい。」との感想が聞かれました。




















 

本文ここまで

お問い合わせ

農政課 特産開発係

0158-29-2111

本文ここまで

ページの先頭へ