ここから本文

製品づくり

滝上産七面鳥燻製製品づくり 令和2年(2020年)12月

町内で生産されている七面鳥を使った燻製作りが滝上町農産品加工研究センターで行われました。
滝上町七面鳥生産組合(組合長 佐々木 渉)が、生産から販売まで一貫生産し、七面鳥は、天然ハーブを使った調味液に2週間ほど漬け込み蒸した後、桜チップを使って燻煙します。
スモークされた七面鳥は、美味しく仕上がります。
今年においては、新型コロナウィルス感染症の感染防止対策を行いながら、製造しました。
おかげさまで、マスコミ等にも取り上げられ、全国から多くの注文等のお問い合わせがあり、今年も予定していた1,900個をすべて完売となりました。

※ふるさと納税の返礼品としての取り扱いもしており、七面鳥の燻製の受付については、毎年4月1日から11月末日までとし、12月中旬頃(クリスマスまで)のお届けとなります。

お問い合わせ先

吊るされ、燻煙された七面鳥の写真
七面鳥を加工する従業員の写真
パック詰めされた七面鳥「手作りスモークターキー」の写真
 

滝上産トマトジュースづくり 令和2年8月

町内で生産されているトマトを使ったジュースづくりが滝上町農産品加工研究センターで行われています。
町内のファインファクトリー(代表 中内 寿男)が、生産から販売まで一貫生産として行っています。
トマトジュースの製造工程は、トマトを破砕して搾汁、裏ごし、皮または種子等を除去、食塩を加え、加熱の工程を経て、煮沸したビンに詰め脱気しています。
食塩については、オホーツクの塩を使用しています。

ご購入を検討されている方は、お問い合わせください。

お問い合わせ先

  • ファインファクトリー(代表 中内 寿男)
  • 電話・FAX:0158-29-3761
  • メール:yotuba3761@yahoo.so.jp
大量のトマトを洗っている写真
トマトを破砕、搾汁している写真
加熱されているトマトジュースの写真
瓶詰めされたトマトジュースの写真
トマトジュース「とまひめ」の写真
 

滝上産ルバーブジャムづくり 令和2年6月

町内で生産されているルバーブジャムづくりが滝上町農産品加工研究センター(滝美町)で行われました。
滝上町内の風香房(代表 佐藤 ゆかり)が、ルバーブを使用して生産から販売まで一貫生産体制として行っています。
ルバーブはシベリア原産の野菜であり「タデ科」に分類される、比較的寒い土地で栽培される野菜です。食物繊維が多く、カリウム、ビタミン、ミネラル、カロテンなどの豊富な栄養素を含んでいます。
ルバーブジャムは、砂糖のみの配合で加熱を加え、煮沸した瓶に詰め脱気しています。甘さ控えめなジャムとなっています。

※低糖・無添加で加工しているため、低温(10℃以下)での貯蔵になります。

ご購入を検討されている方は、お問い合わせください。

お問い合わせ先

みずみずしいルバーブの写真
細かく切ったルバーブを鍋に入れた写真
完成し、瓶詰めされたルバーブジャムの写真

お問い合わせ

農政課 特産開発係

0158-29-2111

本文ここまで

ページの先頭へ