ここから本文

資源ごみ細分化による分別方法について

分別方法について

 「アルミ缶」、「スチール缶」、「ガラスびん」、「ペットボトル」の4種類を別々に分別する「資源ごみの細分化」が4月1日から本格導入しておりますが、改めて分別方法をまとめました。詳細については下記ファイルをご確認ください。
 今後とも分別にご協力いただきますよう重ねてお願いいたします。

 

注意点(抜粋)

 ボトルタイプのアルミ缶のふたは燃やさないごみ袋に分
   けて入れてください。


 ペットボトルのふたとラベルは資源ごみ(プラスチッ
    製容器
包装)の袋に分別して入れてください。

③ ガラスビンの金属製のふたは燃やさないごみ袋に分け
  入れてください。


 缶詰のふたは全て燃やさないごみ袋に入れてください。

○ /資源ごみ細分化による分別方法について.pdf(594.32 KB)


 

Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader" アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ

住民生活課 住民環境係

0158-29-2111

本文ここまで

ページの先頭へ