ここから本文

町長室へようこそ No.112

日本ハムファイターズ応援大使要請

ファイターズ滝上後援会の森田寛会長と滝上町長の画像滝上町は、来年、110年の節目の年を迎えます。そこで、記念事業の一つとして、北海道日本ハムファイターズの関連事業である「北海道市町村応援大使」を希望する声が高まっていますので、9月28日、ファイターズ滝上後援会の森田寛会長と札幌ドームにある北海道日本ハムファイターズ本部に出向きました。
「北海道179市町村応援大使」は、平成25年(2013年)に選手の皆さんが北海道内の全市町村で、地域の皆さんと交流を図りながらまちづくり・まちおこしに寄与していく目的で始まりました。1市町村に2~3人の選手が応援大使となるもので、今年は18市町村に38人の選手が就任しました。
滝上町では平成28年(2016年)に北海道日本ハムファイターズ滝上後援会が発足し、全町的に応援の機運が高まっていることから、来年の110年祭に応援大使の就任を要請しました。球団の事業統括本部からは、佐藤部長代行はじめ3名が対応していただき、検討していただくことになりました。

要請の後、特別にドーム球場の報道関係者などしか入れないグラウンド入口から対戦相手、楽天の練習をまぢかで見ることができました。
また、試合前のセレモニーでは、ファイターズの選手から全国中学校軟式野球大会で優勝した白老町の白翔中学校の選手に花束が贈られていました。もちろんその後のナイター試合を観戦し、日本ハムの4‐3サヨナラ勝ちで、中味の濃い一日でした。

滝上町長 長屋 栄一

お問い合わせ

総務課 庶務係

0158-29-2111

本文ここまで

ページの先頭へ