ここから本文

不正改造車排除強化月間について

6月は不正改造車排除強化月間です。

 我が国の自動車保有台数は、令和2年10月末現在まで8,236万台を超えており、自動車が国民生活に欠かせない移動手段となっていますが、昨年の交通事故による死者数は2,839人、負傷者数は約37万人と減少しているものの、依然として多くの方が被害に遭われている厳しい状況が続いています。
 
 このような状況の中、暴走行為、過積載等を目的とした不正改造車については、安全を脅かし道路交通の秩序を乱すとともに、排出ガスによる大気汚染、騒音等の環境悪化の要因となっていることから、社会的にもその排除が強く求められています。
 特に、窓ガラスへの着色フィルムの貼付、誤認を招く灯火の色の変更、土砂等を運搬するダンプのリアバンパの切断・取外し、騒音の増大を招く基準不適合マフラーの装着又は大型車の速度抑制装置(スピードリミッタ)の解除又は不正な改変等の不正改造を施された車両は、国民生活の安全を脅かし、他人に迷惑をかけるものとして、その排除が喫緊の課題となっています。

 国土交通省では、このような状況を改善し、車両の安全確保及び環境保全を図ることにより、国民の安全、安心を確実に確保していくため、令和3年度においても、関係省庁、自動車関係団体等と協力して、「不正改造車を排除する運動」を全国的に展開することとし、北見運輸支局では6月を「不正改造車排除強化月間」として一層強力に取り組むこととします。

 皆様も是非、この機会に不正改造の防止について理解を深めていただき、その排除にご協力下さい。
 詳しい情報はこちらから「www.tenken-seibi.com

 不正改造車・迷惑黒煙者に関する情報提供は、下記までお寄せ下さい。
「不正改造車・迷惑黒煙者情報提供窓口」0157-24-7633
(国土交通省北海道運輸局 北見運輸支局 検査・整備・保安担当)

お問い合わせ

住民生活課 防災活動係

0158-29-2111

本文ここまで

ページの先頭へ