ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

滝上町童話村まちづくり景観条例を制定しました

滝上町童話村まちづくり景観条例を制定しました


 このたび町は、滝上町の童話村をテーマとするまちづくりにふさわしい自然と調和した農村景観を守り、つくり、育てることを目的として「滝上町童話村まちづくり景観条例」を制定しました。
 この条例には、建物の色彩統一事業、廃屋の解体撤去事業、宅地の景観整備事業の3つの助成事業が盛り込まれています。
 この条例を足掛かりに、町、町民の皆さまが一丸となり、町民が住んでいて愛着を感じ、外から見て住んでみたくなるまちづくりが進んでいくことを願っています。

補助の種類

  1. 建物の色彩統一事業→建物の屋根、外壁を「景観形成のための色彩等ガイドライン」に示す、pdf推奨色(118.12 KB)にした場合に、その経費の一部を補助します。
  2. 廃屋の解体撤去事業→危険な廃屋等を解体・撤去した場合にその経費の一部を補助します。
  3. 宅地の景観整備事業→前庭空間(道路(歩道)から住宅までの間)及び隣地際の整備(インターロッキングや芝生など)をする経費の一部を補助します。

補助の申請者

  •  補助の申請をすることができる方は、 町民及び事業者、滝上町内に所在する 土地及び建物の所有者並びに管理者とします。

   注:国及び地方公共団体は除きます。

補助の対象範囲及び額

  1. 対象区域は、町内一円とします。
    注:廃屋の解体撤去事業においては、町民の生命、身体、財産及び生活環境に対する重大 
      な損害の恐れがあるもの及び景観上支障のあるものに限ります。
  2. 補助金額は、各事業に要する経費の2分の1の額とし、pdf別表(85.21 KB)の上限額までとします
    注:建物の色彩統一事業→新築の場合のみ、定額とします。
    宅地の景観整備事業→下限を5万円とします。
    廃屋の解体撤去事業→所有者自らが解体撤去を実施する場合、町が算出した費用か
    ら諸経費を除いた額の2分の1の額とし、別表の上限額とします。
  3. 千円以下の端数については切り捨てます。
  4. 国、北海道及び町から別途補助金がある場合は対象外とします。ただし、滝上町認証材活用住宅建設奨励補助金との重複は認めています。

受付期限

  • 平成25年5月24日まで(第1次受付)
※今年度おいては予算の都合上、8月末(第2次受付)、11月末(第3次受付)の3回に区切って実施します。

申請手続き

滝上町役場まちづくり推進課窓口よりpdf交付申請書(50.68 KB)を受け取り、必要事項を記入・押印のうえ、下記の必要書類を添えて提出願います。
  • 位置図、平面図、立面図等
  • 経費内訳書又は見積書

パンフレット及び申請書

本文ここまで

Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

まちづくり推進課 まちづくり推進係
0158-29-2111
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー