ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

フォトトピックス

生きがい!やりがい!自分を活かせる仕事を見つけ出せ~滝上高校の生徒が職業体験~

2017年8月28日

 8月24日・25日の2日間、滝上高校2年生13人が滝上町と紋別市の事業所に分かれインターンシップ(職業体験)を行いました。
 
インターンシップ(職業体験)は職場での社会体験を通して、働くことの充実感や大変さを感じ、勤労観・職業観を養うことを目的としており、自分の将来設計や職業適性を考えるうえで重要なものになっています。
 
滝上町役場でも男子生徒1人が職場を体験。広報取材として町内の同級生が働いている現場に出向き取材活動を行いました。
 
次からは取材した生徒が作成した記事を紹介いたします。

 
8月24日と25日の2日間、滝上高校2年生を対象に、働くことの厳しさや喜び、そして、社会人として必要な責任感や協調性の身につけることを目的とした、「インターンシップ(職業体験)」が行われ、滝上町内、紋別市内の様々な事業所に協力いただき、13名の生徒が社会性の向上を図りました。
 職業体験を行った生徒たちは皆、仕事に真剣に取り組み、オホーツクはまなす給油所で体験を行った生徒は「中学校の時も職場体験でお世話になった。今回も色々な事を学び、経験を積んで卒業したらこの仕事に就いてみたい」と、将来について真剣に話してくれました。






















 滝上図書館に行った生徒は「図書館は静かで落ち着いている雰囲気が好きです」と、自分に合う職業で積極的に仕事に取り組んでいました。












この他にも町内では消防署や給食センターなどでも体験が行われました。

【職場体験を終えて】

1日目は情報係で、広報取材を体験。取材をする前には相手に許可を取ることを学び、今回初めてカメラを持ってたくさん写真を撮りました。
 
2日目は商工観光係で、錦仙峡とハーブガーデンを取材。取材をもとに、ホームページの記事を作成、職員の方にアドバイスをもらい無事作成することが出来ました。
 
この2日間、大変貴重な経験をさせていただき、役場は事務仕事だと思っていましたが、様々な課があり、その中にも係があって情報係と商工観光係は取材など外に出る仕事も多くて大変な仕事だという事がわかりました。今回経験した事を社会に出た時に活かしたいと思います。
 
2日間本当にありがとうございました。                      (取材:滝上高校2年 y.t)






 


本文ここまで

ここからフッターメニュー