ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

フォトトピックス

地域資源についてもっと学ぼう!持続可能な森づくり~森林認証体験ツアー開催~

2016年11月4日

 11月2日(水)、SGEC森林認証の知識と理解を深め、地域の資源・環境、仕事に興味を持ってもらおうと「森林認証体験ツアーin滝上」(オホーツク総合振興局西部森林室、網走西部流域森林・林業活性化協議会主催)が開かれ、住民、滝上高校の生徒、約90名が町有林での除伐体験やペレット工場の見学などを行いました。
 
滝上町の森林面積は68,650haで町の総面積の約90%にあたり、その97%がSGEC認証森林となっています。
 
SGEC(緑の循環認証会議)森林認証とは、環境に配慮し、持続可能な森づくりが行われていることを第三者機関が認めて、マークをつけて区分することで他の木材より優位に流通させる仕組みで、環境の保全と森林の管理が両立されていることが条件となっています。
 
山の手入れから、環境に配慮された加工、流通までを学んだツアー参加者からは、「地元にいながらわからないことばかりだった」「林業の取り組みを詳しく知ることができ貴重な体験ができた」などの声が聞かれ、有意義な体験ツアーとなりました。











 まずは町有林でツアー参加者は指導を受けながら除伐作業を体験します。











 立ち位置、若い木を傷つけないよう切り落とす方向決めなど様々な事を学びました。











 ペレット工場では作りたての温かいペレットに触れてみます。

  









 若手林業従事者が林業の魅力を滝上高校の生徒に情報発信。目の前での伐倒作業は迫力満点でした。











 認証材を約70%使用した建築中の住宅を見学。木造住宅は調湿性や断熱性に優れ、人にやさしい住宅です。
 

本文ここまで

ここからフッターメニュー