ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

フォトトピックス

2015七面鳥の燻製作りが最盛期!今年も予約完売。

2015年12月10日

 クリスマス料理に人気の七面鳥の燻製作りが農産品加工研究センターで最盛期を迎えています。
 滝上町内の農家6戸でつくる滝上町七面鳥生産組合(組合長 三島鉄男)が30年以上も前から飼育から加工まで一貫して手掛けているもので、滝上町の特産品となった今では全国各地から注文が殺到し、今年も用意された1,200個の商品はすでに予約完売となっています。
 今春生まれた約650羽のヒナは、ニラ、小麦、かぼちゃといった地場産の野菜中心に大切に育てられ、11月末に半身にし、天然ハーブが入った調味液に2週間ほど漬け込んでから、ボイルし、桜のチップの煙で燻します。
 今年はやや小ぶりなものの味は昨年と変わらずの美味しさ。これからクリスマスに向け順次、全国各地に発送されます。





 




 燻製機を開けると部屋中に燻製の香りが広がります。










 燻製の終わった七面鳥は一つひとつ羽の残り(根元)がないか確認し、出荷を待ちます。

本文ここまで

ここからフッターメニュー