ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

第三者求償

 交通事故など第三者から傷害を受けたことを「第三者行為」と呼びます。
 この場合における医療費は加害者が負担するのが原則です。
 国保(医療保険)で治療を受けたときの医療費は後日、国保(医療保険)が被害者に代わって加害者などに請求することになります。
 また、加害者から治療費用を受け取り示談が成立してしまうと、国保(医療保険)が立て替えた医療費を、被保険者に返還していただくことがあります。

 ・第三者行為に係る各種様式

本文ここまで

お問い合わせ

保健福祉課 保健係
0158-29-2111
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー