ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

新生児聴覚検査

新生児聴覚検査について

 滝上町では、聴覚障害を早期に発見すること、また、言語発達の促進に対する支援を早期から開始することを目的として、平成29年4月1日から、新生児聴覚検査に対する費用の助成を行っています。
 新生児聴覚検査とは、出生後まもなく新生児に行う聴覚検査のことで、おおよそ生後3日以内に実施する「初回検査」と、初回検査において要再検査であった児を対象として、おおよそ生後一週間以内に実施する「確認検査」があります。
 検査は、赤ちゃんに音を聞かせて得られる脳波や聴覚神経の反応を測定するため、痛みを伴わずに行うことができます。
 出生後退院までに実施する医療機関が多くなってきていますが、保護者が希望する場合のみ検査を実施するなど、対応は医療機関によって異なります。検査の方法についても(自動聴性脳幹反応検査AABR及び耳音響放射検査OAE等)医療機関により異なりますので、出産する医療機関へ、実施の有無及び検査方法について事前にお問い合わせください。
 なお、退院までに聴覚検査を受けられていない場合においても、小児科や耳鼻科などの外来診療において検査を実施している医療機関がありますので、健康推進係までお問い合わせください。
 

対象となる方

以下の条件すべてに該当する方。
・滝上町に住所を有する方
・生後28日未満の新生児もしくは、医療機関等の都合により新生児期に聴覚検査を受けることができなかった3か月未満の乳児
※妊娠中にほかの市町村から転入した場合、また、生後3か月未満の乳児が新生児聴覚検査を受けず、ほかの市町村より本町に転入した場合においても新生児聴覚検査費の助成を受けることができます。

助成の対象となる検査費用

 医療保険適用外の聴覚検査にかかる費用の全額(初回検査と確認検査の2回分が対象となります)
※医師の判断により、保険適用にて検査を受けた場合については、助成の対象外となります。保険診療の場合には、こども医療給付事業の対象となりますので、後日、保健福祉課保健係へご申請ください。

申請の方法

 新生児聴覚検査実施後1か月以内に以下の書類と印鑑、振込口座の通帳を持参し、下記窓口へ申請してください。
・滝上町新生児聴覚検査票(妊娠届の際に健康推進係にて交付します)
・聴覚検査の領収書(聴覚検査の費用が明記されたものに限ります)

本文ここまで

お問い合わせ

保健福祉課 健康推進係
0158-29-2111
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー