ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

児童扶養手当

(1)児童扶養手当とは

父母の離婚などにより、父または母と生計を同じくしていない児童を養育しているひとり親家庭等の生活の安定と自立を助け、児童の福祉の増進を図ることを目的としています。

手当を受給できる方

 次の1~9のいずれかに該当する児童(18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある者、また一定の障がいがある児童は20歳未満まで)を育てている母、父又は養育者です。

  1. 父母が離婚した後、父(母)と生計を同じくしていない児童
  2. 父(母)が死亡した児童
  3. 父(母)が重度の障がいにある児童
  4. 父(母)の生死が明らかでない児童
  5. 父(母)から引き続き1年以上遺棄されている児童
  6. 父(母)が裁判所からのDV保護命令を受けた子ども
  7. 父(母)が引き続き1年以上拘禁されている児童
  8. 婚姻によらないで生まれた児童
  9. 父母とも不明である児童
ただし、公的年金を受給できる方や児童が父、母の配偶者に養育されている場合などは対象になりません。

手当月額

 全額支給の場合  42,000円
 一部支給の場合   9,910円~41,990円

 ※所得制限などで手当の全部または一部の支給が停止される場合があります。
 ※対象児童が2人以上いる受給者は、
    第2子           →  5,000円
    第3子以降一人につき → 3,000円
  支給額に加算がされます

支払時期

 原則として、毎年4月、8月、12月にそれぞれの前月分まで支払われます。

(2)児童扶養手当の申請と各種手続き

新規申請

  1. 認定請求書
  2. 公的年金調書
  3. 養育費等に関する申告書
  4. 請求者と対象児童の戸籍謄(抄)本
  5. 請求者と対象児童が含まれる世帯全員の住民票の写し
  6. 請求者と対象児童の被保険者証
  7. 印鑑(請求書他に押印のため)
  8. 金融機関口座番号(郵便局不可)

資格喪失

  1. 資格喪失届(様式第9号)
  2. 手当証書(手当全部停止者は除く)
  3. 年金種別と支給開始年月日の分かる書類(年金受給者の場合)

現況届(毎年8月1日以降に引き続き受給資格があるか確認する届け出)

  1. 現況届
  2. 養育費等に関する証明書
  3. 請求者と対象児童が含まれる世帯全員の住民票の写し
  4. 児童手当用所得証明書又は児童手当等受給認定に係る同意書
    (その年の1月1日に滝上町に住所があった場合は所得証明書に代えて同意書を提出)
  5. 手当証書(手当全部停止者は除く)
  6. 印鑑(現況届他に押印のため)

本文ここまで

お問い合わせ

保健福祉課 福祉係
0158-29-2111
内線 237・238
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー