ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

渚滑川とは

釣り人の夢づくりのために

青い空と青い水渚滑川はまだ多くの自然を残しています

市街地のほぼ中央を流れる渚滑川は、天塩岳に源を発し、紋別市を経てオホーツク海に注ぐ延長84kmの一級河川です。 市街地区は、大地を深く切り込んだ渓谷になっており、清らかな流れと緑に囲まれ、特に秋の紅葉では渓谷を訪れる人々に驚きと感動を与えてくれます。
 渚滑川は釣り場としても一級で、昔からニジマス、ヤマベ、イワナなど渓流魚の魅力ある川として親しまれてきました。ところがバブル景気の頃から釣りをする方が増え渚滑川にも釣り人が急増し、放流した先から魚を持ち帰ってしまうことが長年続くようになりました。滝上町はこの現象に少しでも歯止めをかけ、魚を残すための試みとして平成7年から下流域の8kmを魚族保護調査区域とし、国内で初めてキャッチアンドリリースの徹底を図ることとしました。これが8km釣り人の夢の始まりです。平成9年には新たに上流域の16kmを設定し現在24kmとなっています。今では多くの釣り人に渚滑川の夢の事業について理解をいただきリリースが定着しつつあり、少しずつではありますが魚が残るようになってきています。
 しかし、このキャッチアンドリリースについては、強制力はなく町が釣り人に対しての協力と理解を求めるお願いとして実施していますので協力していただけない釣り人がいれば、釣り人が理想としているエリアづくりは夢に終わってしまいます。

渚滑川で生まれ育った魚の尾びれは彫刻刀そのものです 何とかこの夢を実現させるためにも釣り人の協力は不可欠です。釣り人が川や生息する魚たちにちょっとした気配りをするだけで近い将来必ずや釣り人の心を癒し満足出来るような釣り場をつくることが可能になるのではないでしょうか。
 滝上町はキャッチアンドリリースをさらに遂行し、釣り人の夢の実現のために邁進してまいります。釣り人の皆さんの更なるご協力をお願い申し上げます。

本文ここまで

お問い合わせ

商工観光課 商工観光係
0158-29-2111
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー