ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

今日から2019年情報を開始します

今年は5月から元号も代わり、平成から令和となりました。平成があまりにもなじんでいましたので、なかなか令和には、なんとなくなじめない感じでしたがそれも徐々にとれてきて、今ではもう当たり前に出てくるようになって、人間てすぐになれるものです。
元号の変更とともに2019年の渚滑川キャッチアンドリリース区間も解禁となったところです。
守る会のホームページなどで、お知らせしておりましたが、釣り観光振興策として長年放流を続けて参りましたが、今年は町の都合により放流はしないこととなりました。今まで放流で補って皆様に楽しい釣りをしていただきたいと続けてきました。その結果6月になれば結構な確率で釣ることが容易でしたが、今年度は放流はしませんので今までの状況とは、違ってくると思います。今年はどのような状況になるのか見極めることが必要と思っています。ただ放流をしない分、徹底したキャッチアンドリリースをしなければ、当然魚はより少なくなってくることも予想されますので、シングルアンドバーブレフックの使用と早めのリリースをお願いするところです。
渚滑川は釣り人の皆さんの多くの協力の下、今までどこにもない釣り場環境を造って参りました。これからもさらなるご協力とご理解をいただき渚滑川をよろしくお願いいたします。
また、今まで駐車場として利用していました高尾下駐車場は、地権者さんの都合により駐車できなくなりました。当然周辺の道路にも駐車はできませんのでご理解をお願いいたします。駐車は大きな看板があるところだけとなっていますので、よろしくお願いします。
さて、今年の渚滑川の状態ですが、暑い日寒い日と交互にやってきて川の状況が一気に良くなってくるということは、なかなか難しい状態です。でも例年よりは雪どけも早く5月の中過ぎには、なんとか釣りができるのではないかと予想ですがしています。今もうすぐにでも釣りができるようなことにはなっていませんが、シーズインまではもう少しの辛抱かと思います。
この情報今年もほとんど毎日流していきますので、どうぞ毎日アクセスして渚滑川の状況を確認して釣りの参考としてください。
いつものようなお願いですが、「滝上町渚滑川魚族保護のためのキャッチアンドリリース条例」の条文について駐車場付近に設置している大型の釣りに関する注意を掲載した看板に掲載されていますので一度お読みください。是非それを厳守いただきルールとマナーを持って渚滑川での釣りを楽しんでください。
渚滑川でのキャッチアンドリリースは多くの釣り人の皆さんに支えらてきました。渚滑川の釣り事業は滝上町においては大事な町の活性化事業であります。多くの釣り人の皆さんがルールを厳守していただくことにより、さらに充実した釣り場となりますのでご協力をよろしくお願いいたします。

それでは5月10日午前6時30分の状況をお知らせします
 

天気

キリなのか雲なのかあまりハッキリしませんが、空全体にかかっていてどんよりとした感じです。数日前かなりよい天気が続いたのですが、芝ざくらがほどよく咲き出した途端に、曇り空と雨模様ばかりです。今日の予報は曇り一時雨となっています。天気は期待できません。



遠くの山は全く見えません
 

気温

6時現在で5度しかありません。かなり寒くなっています。この数日なぜか寒気が入ってきて寒いです。今日の最低気温は1度だそうです。最高は9度止まりのようです。今日もストーブのお世話になりそうです。



芝ざくらもかなり寒そうです
 

水温

増水のため計測していません。
 

水量

このところの寒さで雪代が止まったのか、一時より水位は下がってきていますが、まだまだ多い状態となっています。とても川の中には入ることはできません。しばらくは寒い日が続きそうなのでもっと水位は下がってくるかもしれません。
 

水況

濁りは少しずつですがとれてきている感じです。でも今はセメント色となっていますので、釣りにはまだ少し早い感じです。水量もありますので、濁りについてもこの寒さが少し続くと大分収まってきそうな気がします。



渚滑川



渚滑川の水の色



サクルー川



サクルー川の水の色


 

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー