ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

錦仙峡

まちの中央を流れ、大小の滝が数多くある景勝地

滝の流れる錦仙渓市街地の中央を東西に流れる渚滑川の渓谷は、「錦仙峡」と呼ばれ「北海道観光百景」に選ばれたこともある景勝地で洛陽の滝、白亜の滝など大小さまざまな滝があります。また、この渓谷の両岸には延長二キロメートル余りの遊歩道があり、春は清流に映える新緑、夏は木陰の涼、秋には紅葉と四季を通じて楽しむことができます。バードウォッチングの最適の場所としても知られ、珍しい小鳥に出会うこともしばしばです。
なお、町名のいわれは文字どおり、この沢山ある滝の上部に市街地があるところからきています。

本文ここまで

お問い合わせ

商工観光課 商工観光係
0158-29-2111
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー