ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

展示室4-ハッカの利用

ハッカ脳

ハッカ脳の用途は、主に医薬品、化学薬品、香料工業など、各種化学工業の原料です。
ハッカ脳の最大の消費市場であるアメリカにおいては、日本産のハッカ脳の品質の優秀性が認められていて、日本産天然ハッカ脳を使用していることを大きなキャッチフレーズにしているところもあったほどです。

ハッカ油

ハッカ油は、無色または淡黄褐色で、ハッカ特有の爽快な香りを持っています。用途はハッカ脳とほぼ一緒ですが、加工などの間に再びハッカ脳の結晶を分離させてしまうこともあるので、品質基準が厳しく定められています。

滝上のハッカの行き先

主に医薬品に使用されています。メンソレータムや仁丹などのスッとする成分がハッカです。また歯磨き粉、化粧品、酒などの日用品にも使われています。最近では町の特産品であるスプレーなどにも使われています。

蒸留後のハッカ

蒸留後のハッカは、有機質肥料として畑に還元します。かつては農耕馬の飼料にもされていました。

蒸留後のハッカ
湯気のまだ立っているハッカが運ばれていきます。

本文ここまで

お問い合わせ

商工観光課 商工観光係
0158-29-2111

ここからサブメニュー

展示案内

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー