ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

展示室2-ハッカの栽培


ハッカ栽培の歴史

ハッカは大きく洋種と和種に分けられ、洋種はヨーロッパ、和種はアジア東部で自生しています。

ハッカ栽培のはじまり

ハッカ栽培が日本へ入ってきたのは1817年(文化14年)で、岡山県で導入・試作されました。北海道では野生のハッカからハッカ油を製造することに成功し、北見地方でのハッカ栽培が始まりました。
滝上町でのハッカ栽培は、明治43年より始まったといわれています。

なぜハッカ栽培が増えたか

ハッカの刈り取り
ハッカの刈り取り(写真提供:菊池民子)

ハッカの栽培は、ハッカの持つ下記の要素が山間地の滝上町に適していました。

  1. 耐寒力がある。
  2. 土を選ばず丈夫で育てやすい。
  3. 市場から遠く、他の一般作物では、輸送費がかさむため、蒸留すると荷のかさが減り運搬に便利である。
  4. 他の作物よりも値段がよいことが多かった。

ハッカ栽培は各河川の流域に沿って展開され、奥地でも作られるようになりました。

ハッカ栽培面積の推移

滝上町のハッカ作付面積は、昭和11年末現在1124ヘクタール(耕地面積4981ヘクタールのうち)と畑作物の最大面積を占めていました(滝上村史より)。

すたれていったハッカ栽培

ハッカの刈り取り
ハッカの刈り取り(写真提供:菊池民子)

北見地方のハッカは品質が優れ、最盛期には世界の生産量の70%を占めていましたが、戦後ブラジル産、中国産の天然ハッカや合成ハッカとの競合、 冷害による収穫量の低下などで価格が大幅に低落し、作付面積もだんだんと減少していきました。

ハッカの作付面積の推移
ハッカの作付面積の推移

現在残っているハッカ畑は、滝上町の一部地域で作られる約10ヘクタールのみとなっています。それでも、滝上町のハッカ生産量は全国の95%を占めています。

本文ここまで

お問い合わせ

商工観光課 商工観光係
0158-29-2111

ここからサブメニュー

展示案内

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー