ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

インフルエンザにご注意ください(続報)

道内では感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律に基づき、感染症発生動向調査を実施しておりますが、平成30年第6週(平成30年2月5日~11日)において、紋別保健所の定点あたりのインフルエンザ患者報告数が、警報基準である30人以上となりましたので、警報を発令します。今後、紋別保健所管内において流行がさらに拡大する可能性がありますので、感染予防に努めるようお願いします。


・インフルエンザとは

 インフルエンザウイルスの感染により、突然の高熱と全身のだるさ、筋肉痛などの全身症状が起こり、これらの症状のほかにのどの痛みや咳などの呼吸器症状が現れます。通常は発熱が2~3日続き、一週間程度で回復しますが、時には重症化することがあります。

・感染を予防するためには

人ごみに出るときはマスクを着用し、外から帰ってきたら手洗いを欠かさずに行いましょう。また、室内の湿度を保つようにして(50%程度)、十分に栄養を摂り睡眠もとりましょう。


・その他

 全道のインフルエンザ流行状況は、北海道感染症情報センターのホームページでご覧になれます。  

  (URL:http://www.iph.pref.hokkaido.jp/kansen/index.html)

感染症の警報とは
厚生労働省の感染症発生動向調査により把握していた、全道の定点医療機関を受診したインフルエンザ患者数が国立感染症研究所において設定した警報レベルの基準値を超えた時に発令し、大きな流行の発生や継続が疑われることを指します。

 

本文ここまで

お問い合わせ

保健福祉課
0158-29-2111

ここからサブメニュー

町からのお知らせ

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー