ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

海外渡航時の感染症にご注意ください

~海外に渡航されるみなさまへ~
 ゴールデンウィークには海外へ渡航される方が多くなります。海外滞在中に感染症にかかることなく、安全で快適に旅行し、帰国することができるように、海外で注意すべき感染症及び、その施行対策をお知らせします。

海外での感染予防のポイント

 海外で感染症にかからないために、感染症に対する正しい知識と予防に関する方法を身につけましょう。渡航先や渡航先での行動によって異なりますが、最も感染の可能性が高いのは食べ物や水を介した消化器系の感染症です。日本で発生していない、動物や蚊、マダニなどが媒介する病気が海外では流行していることがあり、注意が必要です。

渡航の前にすべき対策

 検疫所のホームページや外務省の海外安全ホームページで、渡航先の感染症の発生状況に関する最新の情報や注意事項を確認しましょう。また、海外渡航をする前にこれまで受けた予防接種について、確認しましょう。国内で予防接種が推奨される疾患であって予防対策が不十分なものがあれば、予防接種を検討しましょう。

海外で注意すべき感染症

 ①蚊やマダニなどが媒介する感染症
   マラリア、デング熱、ジカウイルス、黄熱など
 ②動物からうつる感染症
  鳥インフルエンザ、狂犬病、エボラ出血熱など
 ③諸外国での感染に注意すべき感染症
  麻疹、風疹、ポリオなど
 ④そのほか注意すべき感染症
  水や食べ物から感染する消化器系の感染症はA型肝炎、E型肝炎、コレラ、赤痢、腸チフスなどの原 
 因となります。

海外の感染症に対する情報

 出発前に渡航先の感染症の流行状況等に関する情報を入手しておくことが大切です。
 厚生労働省ホームページに海外の感染症に関する情報が掲載されていますので、積極的にご活用ください。
 http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/travel-kansenshou.html

本文ここまで

お問い合わせ

保健福祉課 健康推進係
0158-29-2111

ここからサブメニュー

町からのお知らせ

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー