ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

つながる安心!!高齢者緊急通報システムのご案内

 町では、在宅のひとり暮らしの高齢者及び障がい者などの方達に緊急通報機器を貸出し、これを高齢者緊急通報受信センターと電話回線で直結させ、急病や事故等の緊急事態が発生した場合において迅速な救援体制をとることができる緊急通報システム運用事業を財団法人北海道健康づくり財団に委託し、実施しています。

●ご利用になれる方

①65歳以上のひとり暮らしの方

②身体障がいをお持ちのひとり暮らしの方

③その他、緊急時における行動が困難な方等

●ご利用経費                        

   緊急通報システム(シルバーホーン)の設置に係る経費や電池等の消耗品に係る経費は、利用者負担となります。
 (
生活保護世帯はこれらの経費も無料といたします。)

●緊急協力員

   ご利用いただくにあたって、原則3名の緊急協力者が必要となります。

   ※緊急協力員とは...

       ①受信センターから援護要請があった際、ご利用者の様態確認を行い、様態に応じて、適切な措置を行っていただきます。(消防署への
    通報等) 

     ②措置の結果を受信センター及び町へ報告していただきます。

 ※詳細及び設置については、役場保健福祉課福祉係までお気軽にお問合せくださいませ。

●緊急通報システムご利用イメージ

 

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー