ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

町長室へようこそ No.100

[人の縁が取り持つプロモーション活動 バンコク]
 
 8月22・23日、タイのバンコクで開かれた北海道主催の「北海道魅力発信セミナー」に参加しました。台風被害のため急きょ高橋知事に代わり辻副知事が代理しましたが、このセミナーの目的は、北海道への一層の観光客の誘致や道産食品の輸出をアピールするもので、会場となったバンコクのデュシタニホテルには経済団体や企業関係者、日本からの進出企業など200人を超える来場者がありました。辻副知事・北洋銀行頭取・ジェトロバンコク事務所長などから北海道の持つ潜在的な能力、タイとのビジネス分野での取組、投資環境などについてスピーチがあり、自治体の二番目に私から、歴史ある芝ざくらにまつわる滝上町の魅力、さらに一緒に楽しめる紋別のカニ・湧別のチューリップを周遊する観光ルートを紹介しました。目的を絞ってのスピーチとスライドはわかりやすく、行ってみたいとの声も聞かれ、会場の反応は良好でした。滝上町のPRブースでは、パンフレットを手に取る人やコーンスープの試飲も好評で、随行職員が説明に追われるなど、今後に期待が持てるプレゼンテーションとなりました。

 タイからの観光客が増えているのは、これまでもタイのテレビ局などが滝上町を取材し放送していることや、フェイスブックやユーチューブなど多様な伝達媒体が紹介していることも大きな要因です。また、私が訪れる前日からバンコクのアマリンTⅤの番組で、5月に本町で取材した滝上の芝ざくらやソフトクリーム、コーンパウダーが紹介されていました。


 その後、日本大使公邸レセプションでは通訳の方を交え積極的に名刺交換をしました。お会いしたタイ外務省のシントン東アジア局長とは、3年前に秩父市の龍勢祭りに招待され滝上PRをした時、当時、タイ大使館次席公使だった方でした。さらに、日本からタイに進出している東急デパート取締役社長の関根様とは、ご厚意で店舗にポスター掲示やチラシを活用していただけることになり、その場で資材をお渡ししました。多くの企業や団体の方々と話をすることができました。
 

 翌日、タイ国政府観光庁を訪問し、お会いしたアピチャート氏も秩父市で会っていまして、私からは芝ざくらだけでなく冬観光の魅力などを伝え、一方アピチャート氏からはタイ人の嗜好や、効果的に滝上の観光情報をPRするための方法のお話しを聞くことができました。また、その場でタイ東京事務所に連絡を入れて、直接話ができる窓口を作ってくれるなど迅速で親身なアドバイスをいただきました。
 今回の訪問ではバンコクの現地法人として約50年活躍されている田中島氏に通訳から訪問先のアポまで大変お世話になりましたが、田中島氏もまた秩父でお会いしたのが縁で、情報交換していました。スムーズなトップセールスができたのも芝ざくらで繋がった秩父市の方々とのご縁、さらにはタイの方々へと広がっていけたもので、人の縁はありがたいものです。今後とも多くのタイの方々が滝上を訪れてくれるよう取り組んでまいります。










「タイの絵本作家タナチャイ・スンダラベェさんが北海道を題材とした絵本を現地で出版し、その中で滝上町が紹介されました。」

[町長室へようこそ100回目]

 
平成19年8月15日から連載を始めた「町長室へようこそ」が№100を迎えました。町長就任時に時々の出来事や感ずることを思うがままに綴り、皆さまに伝えようと始めたものですが、いつしか情報係から原稿を催促されるようになり、時には間に合わすため出張先からメールで送ったこともありました。以来9年余、「読んでるよ」という町内外の読者の方からの言葉を励みにここまで続けることができました。今後ともご愛読のほどよろしくお願いいたします。
 

                                    滝上町長 長 屋 栄 一

本文ここまで

お問い合わせ

総務課 庶務係
0158-29-2111
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー