ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

町長室へようこそ No.94

[浮島トンネル入口に携帯電話基地局整備決まる‼]
 このほど携帯電話会社KDDI(au)から、「浮島トンネルの入り口付近に基地局(中継塔)を設置することが社内で決定した」との連絡がありました。不感地帯解消に向けた要請活動に、さっそくKDDIが応えていただき、秋ごろには完成し、滝上側2~3キロの範囲が通話可能になるそうです。通話可能区間が広がるこの決定は非常に大きな一歩であり、朗報です。KDDIの迅速な対応に感謝申し上げますとともに、さらなる不感地帯解消に向け引き続き取り組んでまいります。


 [新年度予算  雇用の確保と定住環境づくり、子育て支援拡充を重点]
 3月定例議会が終了しました。27年度補正予算、28年度当初予算ほか全24議案が原案通り可決承認されました。28年度予算は、人口減少と少子化に対応すべく、滝上町の人口ビジョンを達成するための雇用・担い手確保、定住住環境、子育て支援などに重点を置いた予算としました。 子育て支援では妊娠出産から就労するまで切れ目なく支援を行い、新しく妊産婦の出産準備金、不妊治療の支援、そして中学生までの医療費の無料化を高校生まで拡大し、年代に応じた子育て支援を充実させます。滝上町の子育て施策は全国的に見ても先進的な取り組みであると一般質問で評価されましたが、今後、情報発信の充実を図りこれらの取組内容を広くPRしていこうと思います。
  地方の商工業は依然として厳しい環境にありますが、事業所・店舗を引き継ぐ後継者や新規開業の担い手に支援し、活性化を期待するものです。
  定住については、3月に完成する雇用促進住宅8戸すべて入居者が決まりましたし、「ずっと住まいるたきのうえ!」の持家・社宅助成も人気があり、27年度は予算を増額して対応しています。新年度もそれぞれの事業を継続し、定住化の促進を図ってまいります。
  一般会計の総額は昨年の6月政策予算と比べるとやや少ない42億円ですが、人口1人当たりではかなり多い予算額になります。効率的な運用に心がけ、新年度も気を抜かずに期待に応えてまいります。

 3月10日の一般質問には30人の傍聴者席が満席になるほどの大入り満員で、近隣の議会では見られない関心の高さと思います。それだけ議会・行政に対する町民の皆さんの期待も高いものと受け止め、車の両輪をしっかりと進めていく責任を感じているところです。


                                            滝上町長 長 屋 栄 一

本文ここまで

お問い合わせ

総務課 庶務係
0158-29-2111
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー