ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

町長室へようこそ No.29

国有林の施業管理を所在市町村に委託できないだろうか?

 1月19日、「北海道森林管理局国有林野等所在市町村長有志連絡協議会」が札幌で開かれました。長い名称ですが要は国有林のある自治体の首長と国との意見交換の場です。
滝上町からも木質バイオマスの利活用や資源の情報提供を北見事務所に要望しておりますが、道内各自治体からのいろいろな意見要望が報告されました。その中に「所在町村の国有林の施業は地元業者に」というものがありました。私もこの考えに全く同感でしたが、国の回答は「透明性と公正な競争との観点から一般競争入札で」というものでした。

 そこで、同じような考えがあるのだなと前置きし、「地域にとって、将来的に安定的な仕事の確保は重要である。造材業者など林業者の雇用の場作りは町の活性化につながる。そのために国有林の一部の施業管理を所在町村に委託できないものか。」と、申し上げたところ「随意契約の廃止は大きな流れ、総合評価を入れるので地元業者だと心配ない。国有林と民有林と一緒になって施業することによりロットの確保ができるので地元の支署と協議したい。ただ、国の財産を一部でも自治体に管理委託することは、林野庁の組織そのものの存在にかかわることにつながる」という答えでした。平たく言えば一部でも市町村で施業管理ができたら、なぜ全部できないのかという意見が必ず出てくる。すると林野庁の組織そのものの見直しに発展するというものです。
 私は組織のことまで考えているわけでなく、森林管理局の支署には山林の手入れをする作業班がありませんから、国有林の一部でも町有林・民有林の施業と合わせることで、合理的な施業とバイオマス資源の利活用ができ、それが地域での安定的な雇用につながるわけです。出席していた他の町からも同調する意見がありました。
政権が変わって全く新しい発想が出てきていますから、あながちこの可能性もゼロではないのかもしれません。

5町長で新年のあいさつまわり

 25日は同期に当選した管内の1期生町長5人で道庁のあいさつ回りをしました。農業・林業・観光と共通の課題も多いことから、団体のほうがアピール効果が高いのではと行っているものです。国の新年度予算では公共事業費が大きく減少しましたが、特に農業基盤整備費が大きく削られ、各町長とも危機感をもっています。農政部での意見交換では、直接所得保障制度が新しくできた反面、基盤整備の予算は半分以下になり、整備の遅れは農業生産に大きく影響することから、国に対してその重要性と確保を要請してほしい等の要望をしました。
 高橋知事にも時間を取っていただき、各町の現況と産業振興に関する意見交換をしました。滝上町の渓谷ウオークについては、体験観光はこれから増えていくのでよい取り組みとの認識でした。知事からは、道の財政は厳しいが、昨年は湿害があり農業の基盤整備の必要性を理解しているという話がありました。今後の道の対応に期待するところです。短い会見でしたがお互いエールを交換しました。まじかで見る「はるみスマイル」には華を感じますね。

冬の渓谷ウォーク前夜祭

 2月8日、「美しい日本の歩きたくなるみち500選 北海道シリーズ 2010年 第1回 滝上大会」の前夜祭とも言うべき会食に出席しました。この催しは旭川の北彩都(きたさいと)ウオーキングクラブが主催したもので、観光協会と町が後援しました。45名の参加者の9割は島根・岡山・鳥取・兵庫・愛知・群馬・東京・千葉・埼玉・福島などから来られた方々で、しかも滝上が初めてという方はごく少なく、大半が何度か春から秋に錦仙峡を歩かれたリピーターであることにまず驚きました。昨年「夏に恋まつり」での渓谷ウオークの折に北彩都クラブの加藤事務局長さんから冬の企画があることを聞いて楽しみにしていましたが、冬のウオークにこれほどの多い参加者は初めてのことでした。中に500選完全踏破された方もいて、これを機に冬の渓谷ウオークの魅力を全国に広めてもらえたらと期待しています。

 皆さん全国を回っているだけに目も口も肥えているそうで、錦仙峡の評価もさることながら、地元産にこだわったホテルの料理の素材と味にもお褒めの言葉をいただきました。また、お品書きは今まで宿泊した中で初めて添えられたそうで、さらに靴のカットが印刷されていたことがウオーキング愛好者にとってひときわ感動の気配りだったようです。その後隣の席の方から、そのお品書きに記念に町長のサインをしてほしいと頼まれたのがきっかけでサイン攻めに合うという生まれてはじめてのうれしい体験となりました。

 皆さんのまたのお越しをお待ちしております。

 22年度予算の査定も終わり、年度末に向けてラストスパートです。

滝上町長  長屋栄一

本文ここまで

お問い合わせ

総務課 庶務係
0158-29-2111
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー