ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

町長室へようこそ No.22

[光ファイバーをひこう!!超高速ブロードバンドと地デジ難視聴解消へ]

日本のインターネット人口は7000万人を越えたといわれていますが、地方ではブロ-ドバンド化(情報を高速・大量に送る方式)が遅れていることから、地域懇話会などでも若い人や農村地区の皆さんから光ファイバーの設置を強く要望されていました。しかし、町内隅々まで光ケーブルを引くには数億円の費用がかかるため、開発局が整備を進める光ケーブルの早期整備と民間への開放を要請して来ました。今回、「ブロードバンド・ゼロ解消」を進める市町村に対し、国が地元負担のほとんどを持つことになり、西紋4町村とも整備の意向を持っていることから、共同で要請することにしました。

先日西紋4町村で総務省北海道総合通信局に出向き、光ファイバー網の設置を要望しました。滝上町は光ファイバーによる「超高速ブロードバンド化」と「地デジの難視聴解消」を申請しました。「携帯電話の使えない地域の解消」も進めやすくなります。情報ではこの事業に、全道だけで59の自治体から400億円もの申請が上がっているとのことです。予算枠(全国で1300億円)が限られていることが問題です。実現に向けて、採択していただけるよう西紋4町村が手を組んで運動を進めてまいります。

[全道レベルの芝ざくら杯]

5月17日はウッドパークゴルフ場で芝ざくら杯の大会がおこなわれ、120名の参加者による競技が繰り広げられました。一昨年「JALカップ全日本大会」の開催以来全道規模の大会として定着し、今年も遠くは稚内・釧路・小樽・十勝など90名が町外からの参加者でした。私も挨拶で、「たぶんビリになり足を引っ張ると思いますが」と、今年初めて握るわが愛用のクラブ(初期の頃の古いクラブを珍しいとほめられ、複雑な気持ち・・・)で参加しました。

大会は非常にレベルが高く、優勝は95のスコアで置戸町の男性、男子10位・女子7位までの入賞には、地元滝上勢は健闘むなしく一人も入ることができませんでした。ちなみに私は118で最下位をまぬがれました。一緒に回った方からは、適度な起伏があり小さいでこぼこがなく芝の状態がよいので、狙ったとおりのコースにボールが行くとの高い評価をいただきました。何日も前から泊りがけで来ている参加者もいて、地元経済にも波及効果があったものと思います。渓谷コースとともに多くの利用を期待するところです。

[香りの里はグルメなスポット]

今年の芝ざくらまつりは、毎週末が天気に恵まれず入り込みが今ひとつでした。観光の形態も個人客の割合が年々増加していて、団体観光から自由に時間を使う個人やグループ観光に移行しつつあるようです。

そんな中で「香りの里のキューパレスとフレグランスハウス」の利用客が増えているのは、オリジナルな雰囲気・飲食が受けているからでしょうか。芝ざくらイベントで札幌から来られた「岩崎和子とはーもにーフレッシュミント」の皆さんも両館でのハーブティーとハンバーグランチが大好評で、滝上の新たなスポットとして印象づけることができファンがまた増えました。嬉しいことです。

キューパレスのミントソフトはすっきりした味が男性に受けています。暑い時には最高です。皆さんもどうぞお試し下さい。

滝上町長  長屋栄一


本文ここまで

お問い合わせ

総務課 庶務係
0158-29-2111
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー